事故発生の前後30秒のデータを保存可能。
1秒間に30コマの撮影が可能。状況を正確に把握できます。
GPSが位置データ、時間データを保存します。
この他、ウィンカーの作動やブレーキ情報、またその時の速度も
保存します。
速度の急激な変化、衝撃をキャッチし事故を判定。
自動記録のトリガー設定が行えます。
取り付けは簡単。
両面接着フィルムで本体を簡単に固定できます。
 
ドライブ・レコーダー「どら猫」シリーズは、車速・加速度・ブレーキ・GPSの位置情報などの
情報も取得しているので、車載機と事務所の解析ソフトの連携で、事故時の原因解明や、
状況分析が可能。
事故だけでなくヒヤリ・ハッとした瞬間の分析にも応用でき、安全運転実現に有用な、貴重なデータを提供します
 
■パソコンソフトでデータを解析

事故時刻、車速、
加速度(前後・左右)
ブレーキ、ウインカー(左右)
GPSによる位置情報
■GPSによる位置情報